時刻同期の確認(ntpqコマンド)

提供: あふりらぼ Wiki
移動先: 案内検索

コマンドオプション

表示結果

$ ntpq -p

    remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
 ntp.ubuntu.com  .POOL.          16 p    -   64    0    0.000    0.000   0.000
 ntp.nict.jp     .POOL.          16 p    -   64    0    0.000    0.000   0.000
 ntp.asahi-net.o .POOL.          16 p    -   64    0    0.000    0.000   0.000
-2001:67c:1560:8 134.71.66.21     2 u   18   64    1  222.105   -6.041   0.517
+ntp-a2.nict.go. .NICT.           1 u   19   64    1    7.706   -0.285   0.821
-2001:67c:1560:8 17.253.34.253    2 u   20   64    1  223.660   -6.444   0.607
+2001:ce8:78::2  .nict.           1 u   17   64    1   15.361   -0.150   0.852
+orion.asahi-net 133.243.238.164  2 u   17   64    1    7.596   -0.549   1.098
+ntp02.asahi-net 133.243.238.244  2 u   17   64    1    7.617    0.101   1.213
+ntp-a3.nict.go. .NICT.           1 u   20   64    1    7.186   -0.423   0.664
#golem.canonical 134.71.66.21     2 u   19   64    1  227.623    7.210   1.839
*ntp-b3.nict.go. .NICT.           1 u   20   64    1    8.480   -0.201   0.926
#ntp-k1.nict.jp  .nict.           1 u   16   64    1   16.306   -0.178   0.843
#pugot.canonical 17.253.108.253   2 u   14   64    1  241.424   -1.126   0.600
+ntp-a3.nict.go. .NICT.           1 u   18   64    1    8.881   -0.195   0.934
+ntp-b2.nict.go. .NICT.           1 u   16   64    1    8.277   -1.269   1.041
 ntp-a2.nict.go. .NICT.           1 u   12   64    1    8.536   -0.498   0.484


  • remote
- 同期しているNTPサーバ名と、そのサーバがどのような立場にあるかを表示。
  • refid
- remote がどこから時刻を同期しているかを示す。不明の場合は 「0.0.0.0」 と表示。
  • st
- サーバの階層を示す stratum 番号が表示。この番号が大きくなるほど、時間の信頼性がうすらぐ。
  • t
- 階層の種類です。( l: local, u: unicast, m: multicast, b:broadcast )
  • when
- remote から最後にパケットを受け取ってからの時間。
  • poll
- ポーリング間隔を表示。
  • reach
- 到達可能レジスタデータを8進数で示す。
  • delay
- 時間の遅延見積もりをミリ秒単位で表示。
  • offset
- remote との時刻のずれをミリ秒単位で表示。
  • jitter
- remote の分散 (ばらつき) をミリ秒単位で表示。


行頭の記号の意味
記号同期の状態
(空白)距離が遠いために使用しないサーバ
xfalseticker 検査で捨てられたサーバ
.参照サーバが多いために使用しないサーバ
-クラスタリング検査で捨てられたサーバ
+いつでも使用可能なサーバ
#同期距離は遠いものの参照可能なサーバ
*同期中のサーバ
o同期中のサーバ(同期は PPS 信号から間接的に行なう)